道を創っている先輩:志村美南 | 株式会社イシド(そろばん教育)| 新卒・中途・パートの採用サイト

会社が好きだから産休後も戻る:志村美南

仕事内容

珠算教師
広報(学園報、教室便り、取材対応等)
教務(入退学管理、規約帳票類の整理、修正、教材在庫管理、在籍管理)

現在私は教務の責任者という立場で、教室全般に関わる仕事を担当しています。直営31教室の管理をはじめ、一週間に1回行なわれるミーティングの進行、教室便りなどの広報誌の制作に携わっています。

子ども達を楽しませる先生を創り育てる

私が創り続けたい道

私自身、もともと子どもに教えることが大好きだったんです。教室運営に携わっている立場上、もちろん生徒が増えれば素直に嬉しいです。

しかしそれだけでなく、生徒が上の級に進級できたり、今までできなかったことができるようになった時など、自分の指導でそろばんの技術はもちろん、精神的にも成長していく生徒たちの様子を見られた時が一番嬉しいし、私の楽しみでもあります。

教務の責任者として、教室を管理するだけでなく、より良くするための改善案を出していかなければいけないのですが、まだ改善の提案が少ないかもしれないと感じる時もあります。

今後は管理だけでなく、人数や状態を見た上で、教室にとって必要なことを提案していくことが自分の課題だと感じています。

楽しかった思い出がきっかけでイシドに入社

入社1年目から、直営教室の教室長も任せていただいておりますが、こちらの教室は、もともと石戸会長の奥様が担当していた教室で、その教室を私が引き継いだという経緯があり、最初はかなりのプレッシャーがありました。

人数や信用を落としてはいけないという思いが常に頭の中にありましたし、最初は保護者の方や生徒ともコミュニケーションが築けず葛藤もありました。

そんな時に上司や先輩にかけていただいた「逃げちゃだめ」という言葉。この言葉に励まされ、教室での振る舞いや自分の行動を見直すことができ、「自分の良い点を伸ばそう」と思いを改めることで、次第に教室長として認めてもらえるまでになりました。

イシドには、大変な環境でも「いざとなったらみんながいる」という安心感があります。オフィス内も風通しがよい環境で「相談しやすい」体勢が整えられています。みんな、悩みを打ちあけると気さくに相談にのってくれるし、入社して私がいちばんの魅力として感じるのはやはり「人の良さ」だと実感しています。

田中伸弥

大切なのは、自分で考え行動できること

今、お腹の中に赤ちゃんがいて5月末に出産予定です。イシドは、女性が多い会社ということもあり、妊娠を報告してからというもの、皆さんにとても配慮していただいています。

実際に妊娠、出産、育児休暇を経て復帰された先輩が身近にいるので、妊娠中のアドバイスをいただけたり、仕事や体調にも配慮していただけたりと、とても心強いです。

友人などから出産を機に仕事を辞めてしまう人も多いと聞く中で、今の環境は本当にありがたいと感じています。一度産休に入りますが、その後も復帰し仕事を続けたいと思っています。

子育てと仕事を両立し、教室でも子どもたちに指導を続けていくことが今の目標です。

田中伸弥

私が面接官なら、こんなこと聞きます!

渋谷恵実

イシドに入社して挑戦してみたいことは何?
できる・できないに関わらず、
受け身では仕事をして欲しくないとは思っています。
「なんでもやってみたい」「挑戦してみたい」という気持ちを持って
仕事に取り組んで欲しいと思っています。

私のイシドアルバム

  • アルバム写真
  • アルバム写真
  • アルバム写真
  • アルバム写真
  • アルバム写真
  • アルバム写真
  • アルバム写真
  • アルバム写真
  • アルバム写真

その他のインタビュー

  • インタビュー TYPE A:大久保茜
  • インタビュー TYPE A:佃累司
  • インタビュー TYPE A:中島朋美
  • インタビュー TYPE A:石川智恵
  • インタビュー TYPE B:渋谷恵実
  • インタビュー TYPE B:中山政代
  • インタビュー TYPE B:田中伸弥
  • インタビュー TYPE B:志村美南

もしもイシドに入社したら

イシドで自分を成長させたい方はこちら

エントリーフォームへ