いしどの中途採用

ITとそろばんの融合で
これからの社会に
貢献したい

音海 隆太

2016年中途入社 推進部ITシステム課

[仕事内容]SE,不動産関連などの前職からそろばん未経験で入社。入社当初は1からそろばんを学び教室運営に携わりながら、教務面の理解に努めた。その後、経営管理部に所属し前職で培ったITの知識を活かし業務改善に尽力。事務系システムの開発も手掛け、社内では唯一無二の存在感を放っている。クラウド型の生徒管理ツール、WEBページ、などを介してフランチャイズチェーンである加盟校支援を行っている。

システムやITを通じて、保護者や
生徒さん、先生に安心安全を貢献

前職はシステムエンジニアとしてシステム開発や改善に携わる仕事をしていました。
しかし、最終的に元々の希望であった「教育に携わる仕事」をしたいと考え、いしどに入社しました。
教壇に立ちたいという思いで、入社当初は1からそろばんを学び、教室に関わりながら教務面の理解にも努めました。
その後、前職で培ったITの知識を活かし、経営管理部に所属しました。
システムの開発、クラウド型の生徒管理ツールやウェブページなどの開発を行っています。
私の仕事は裏方というか、システムやITを通じて、保護者や生徒さんの安心安全、先生の教室指導に充てる時間を増やす、という面でも貢献する仕事だと思っています。
ITの対角線上にあるのはそろばんなどの手作業ですが、やはりこれからITは切っても切り離せないと思うんです。ITとそろばんの融合で、これからの社会育成につなげられたらいいなと思っております。

「そろばん」だけじゃない。
日本の教育の将来を担っている
という責任感

いしどは、教育面で日本の将来を担っているという責任感ある先生が非常に多いです。
そろばんを通して子ども達の計算力を育むのはもちろん、子ども達に対する愛情がすごく強いと感じます。
そろばんだけじゃなくて躾もきちんとやるよ、そういう先生が集まった集団というのがいしどの強みなのかなと思います。
そして、いしどは社内の意見や提案が反映されるまでがすごく早い。
いいものはすぐ反映されるし、もうちょっと考えた方が良いっていうものはブラッシュアップをしたり。
忙しくて手が回らない時には別のスタッフにお願いして手伝ってもらうこともあるのですが、いしどには手が回らなくてもみんなで協力し合ってやるという文化があります。
僕もまわりに対してそうでありたいです。
また、部署ごとの仕事が明確に分かれてきたので、内部だけではなくお客様に対してもより迅速な対応ができるようになってきたなと感じています。

相手の目線に立って考えられる人、
そして元気な人に来て欲しい

僕はそろばんをやりたくて会社を選んだわけではないのですが、「ITをやりたい」が目的でもいいし、先生もやりたいけどITのスキルがあって入社したい、でもいいと思うんですね。
ただ、サービス業なので、相手の目線に立って考えられる人、そして元気な人がいいですよね。
元気で明るい方が入ってくれると、やっぱりその職場や教室の空気っていうのも、より一層明るくなっていくと思うんです。スキルの前に、まずはそういう元気さや明るさを大事にしていきたいですよね。
いしどは思っている以上に、まわりの人が自分のことを見ていて、助けようとする文化があります。
他の会社よりもそういうところがいいところだと思うので、ぜひ、仲間とたくさんコミュニケーションを取って欲しいなと思います。

わたしのイシドアルバム

私が面接官なら、
こんなことを聞きます

Q プライベートでも仕事のことでもいいので、今挑戦していることについて聞かせてください
自分から挑戦して学び取ったことは、どんな仕事にでも役に立ちます。どんなことで、どんな結果が出ても、また次に挑戦し続けること(学び続けること)が大事です。先生も、システムエンジニアも、仕事では過去の挑戦が必ず活きます。イシドではどんなことに挑戦できるか、面接の場で確認してもらいたいと思います。
エントリーする

他の募集職種を見る