いしどの新卒採用

アルバイトを経て
入社3年目にして
新規開校教室長に

牧野 行介

2016年入社 直営事業部 鎌ヶ谷教室長・南柏教室長

アルバイトを経て、入社間もなくから鎌ヶ谷教室長として活躍。
元気いっぱいの先生として、生徒からの人気も高く、特に女子生徒からは「結婚したい」と言われるほどのモテモテぶり。誰よりも早く出社し、明るく前向き。
入社2年目に体験した海外出張はポーランド。大学など様々な教育、文化施設を巡りワークショップを開催。その愚直な努力が認められ入社3年目にして新規開校を教室長として担当。新教室は、開校3か月目で約60名を集客する大盛況ぶり。

子どもの頃に抱いた夢が、
大学の時の「運命の出逢い」を引き寄せた。

私は幼稚園の年中の頃からそろばんを習っていて、小学生の頃にそろばんの先生になる夢を持ちました。
先生の「丸付け」がすごく速くて憧れの存在で、「私もこうなりたい」というのがありまして。そして、大学の合同説明会にいしどの採用担当の先生が来ていて、「あ! これは運命だな」と思い、説明会に何度も足を運びました。
今ではその憧れの先生になれてすごく嬉しいですし、今度はその子ども達にとって憧れの存在になりたいと思っています。それから、入社3年目にしてチャンスをいただき、新規開校の教室長を任されることになりました。
最初は不安でしたが、周りの先輩方からたくさんのアドバイスや励ましのお言葉をいただき、それが原動力になり自信に繋がりました。今後は、そろばんのトップを取れるような選手を出していきたい、そして地域で一番のそろばん教室にしたいというのが目標です。

「行かされている」のではなく、
多くが「自分から教室に行きたい」

教える側に立つと、ひとりひとり掛けている言葉が違ったり、教える物が違ったりするので、そろばん指導の奥深さを感じています。
気持ちを前向きにさせるというのは、子どもの気持ちはもちろん、先生の声掛けや指導によるところが大きいと思います。
その結果、私の教室に限らず、生徒は「行かされている」のではなく、「自分から教室に行きたい」と言って教室に来てくれている子がほとんどなんですよ。
小さな成功体験をたくさん積み重ねて、「やればできる!」ということを体験させてあげたいですね。
なかなか進級しない生徒が、色々なアドバイスや声掛けをして、「検定を受けたい!」と言ってくれたんです。
そして検定試験を合格した時に、生徒からの「先生のおかげで合格できたよ! ありがとう」という言葉がとても印象的でした。

私達が輝くことは「世界を変える」
ことにつながっていく

いしどには、尊敬する先生がたくさんいます。何年も経っているベテランの先生でも、決して満足しないで更に「もっと上へ、上へ」と勉強をして、どんどん指導を重ねていく。先生の指導の質や躾の質がすごく高いんですよ。生徒数300~400人規模の大きな教室で、個別指導でひとりひとりの生徒を見ていく指導力・見る力・まわりの先生を動かす力、やはり他とは違う強みがあると思います。
また、いしどは楽しくて面白い職場でもあります。コミュニケーション量も多く、いいことも悪いこともすごくプラスになるんですよ。こんなチームである私達が輝く事は、日本を変える、世界を変えることにつながっていると思います。もちろん子供が好きだっていう気持ちが一番ですが、そろばんがこれから日本や世界を変えていく武器になると思うので、ぜひ日本だけではなく、世界を変えていけるような人材が集まってくれたらいいな、と思います。

わたしのイシドアルバム

私が面接官なら、
こんなことを聞きます

Q 今までの人生で一番悔しかったことはなんですか?
悔しい思いをした時、それを力に変えて頑張った経験がある人とない人では人間力に大きな差があると思います。又、悔しいと感じるのは本気でやったからこその感情です。この仕事は子どもに本気で向き合うからこそ楽しく、子どもはもちろん私たち先生の成長につながります。一人ひとりの子どもと本気でぶつかってほしいと思います。
エントリーする

他の募集職種を見る